ほっこり、まったり、ふんわりな日々

食べるの大好き!寝るのが大好き!筋トレ大好き!旅が大好き!やりたいことは全部やる、職業「事務員 兼 母」のつぶやきです。

息をのむほど美しい散りもみじ『石の寺 教林坊』

自由な旅人ケイちゃんです。

二泊三日で滋賀県をウロウロとしてきました。

一番の目的は『石の寺 教林坊』

2021年5月にツベルクリン様(id:tuberculin)の記事をみて、どうしても行きたくなった場所です。

ツベルクリン様は、あまりに美しいので没ネタにされていましたが。。。

www.tuberculin.net

「絶対行っちゃる!」

と、心に決め計画を練ります。

『教林坊』は、通常は非公開で公開日が決まっていました。

緑の公開:4月~6月、10月の土日祝のみ公開

紅葉の公開:11月1日~12月15日の毎日公開

紅葉ライトアップ:11月1日~12月5日の毎日、17時半~19時

場所は、滋賀県近江八幡市安土町

関東からは、まず新幹線で移動し、京都で下車。

京都からは、JR琵琶湖線快速に乗り約48分「安土」駅で下車します。

「安土」駅から、約4.2㎞の場所に位置し、バスの便はありません。

歩くと約1時間というところでしょうか。

ハードル高っ(-_-;)

無事故・無違反のペーパードライバーなもんで…。

バスツアーも検討しましたが、人でわちゃわちゃするのが苦手。

期間限定の週末土日に行こうもんなら人だらけだよな。

神社仏閣には静寂を求めております。

さあ、どうする?

紅葉も終わりかけの平日なら人も少ないんじゃね?

1時間歩く?

いやいや事前にタクシーを予約。

全国旅行支援で約40%もお得だったんで、ここはちょっと贅沢しました。

平日は、タクシーが待機していないことが多いので予約がおススメです。

狙いどおり、この日朝一番の訪問は、私を含め3名のみでした。

石の寺 教林坊

地味めな総門をくぐれば、竹林が広がりしばらく歩くと表門にたどり着きます。

そこから更に歩く。

一面赤い絨毯!

テンション上がりまくり!

本堂の横も紅葉の葉っぱが彩ります。

こは立ち入り禁止エリアです。

真っ赤な絨毯を眺めながら、ゆっくり歩くと…。

目の前に見事な絨毯が広がりました。

一面に紅葉の絨毯が広がる光景は圧巻!

これが鉄板構図と言われる庭園と書院だそうで、私以外の残り2名は一眼レフで真剣に写真を撮られていました。

わくわくしながら、絨毯の先にある書院に向かう。

絨毯の上を歩きたい気分になりますが、大人なんだから我慢!

書院に入ると先ほど通った庭園がキレイにみえました。

庭園を掛軸に見立てた掛軸庭園もステキ💛

きっと四季折々の景色が楽しめるんだろうな。

書院の縁側に座って、しばしボーっと過ごす。

息を飲むほど美しい絶景に時を忘れる。

自然に涙が溢れてきたんだなぁ。

(歳とって涙腺緩んでいます。)

1時間あればゆっくりと過ごせる小さな『石の寺 教林坊』

公開日終わりごろの平日は、人も少なく、のんびり過ごしたい人にはおススメです。

”ずらし旅”

お近くの方は是非!

もちろん帰りも事前にタクシーを呼んでおきました。

タクシーの台数が少ないので予約は必須です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

このブログはランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いします。

↓ ↓ ↓ ↓

ブログランキング・にほんブログ村へ