ほっこり、まったり、ふんわりな日々

食べるの大好き!寝るのが大好き!筋トレ大好き!旅が大好き!やりたいことは全部やる、職業「事務員 兼 母」のつぶやきです。

1000万ドルの夜景はあるのか確かめてみた!

自由な旅人ケイちゃんです。

明石海峡大橋 の上を歩いてワクワク楽しんだ後は、次なる目的地に向かう。

で、次の行きたいところって?

1000万ドルの夜景が、本当に1000万ドルか確かめたい。

それはどこ?

日本三大夜景の一つに数えられる、神戸「掬星台」

※日本三大夜景:函館山展望台/函館、摩耶山掬星台/神戸、稲佐山長崎市

子どもの頃は、100万ドルだったと思うけど、いつの間にか桁違いの格上げかーい。

桁違いの格上げをしたのに、なんと日本新三大夜景」ってのが、2015年度に誕生したそうな。

夜景鑑賞士の投票制だそうで、2018年に選ばれたTOP3は、長崎市、札幌市、北九州市で、なんと神戸は入っとらんやんか(-_-;)

「掬星台」があるのは、摩耶山山頂近く。

天気が良ければ、西は大阪から東は明石方面まで見渡せる大パノラマだそう。

日本新三大夜景」じゃなくても、やっぱり行く!

1000万ドルかどうかこの目で確かめたいと思います。

舞子駅」からJR神戸線に乗り「三ノ宮駅」まで約20分ほど。

三宮駅前の宿泊予定のホテルに荷物を預けバス乗り場へGO!

「掬星台」に行くには、バス ⇒ ケーブルカー ⇒ ロープウェーを乗り継ぎます。

それぞれが、乗車時間を合わせてくれていて行きやすい。と感じました。

三宮駅前のバス乗り場から、市バス18系統に乗り(約20分乗車)「摩耶ケーブル下」で下車。※1時間に2本ぐらいです。必ず”18”と書いてあるバスに乗りますよ。

ここから「まやビューライン(ケーブルとロープウェー)」に乗るよ。

ケーブルカーとロープウェーの往復セット券を購入しておくことをおススメします。

お値段も割引価格だし、なんといっても乗り継ぎがスムーズ!

緑色のケーブルカーで山道をのぼります。

ぐんぐん上がって5分ほどで「虹の駅」到着。

「虹の駅」からロープウェーに乗り換える。

ロープウェーは、今か今かとお客さん待ちをしているので直ぐの乗車となります。※セット券を購入していないと、ここですぐ乗れません、気を付けて。

約5分の空中散歩を楽しみ、終点「星の駅」に到着。(写真撮るの忘れた。)

歩いて直ぐのところが「掬星台」です。

まだまだ明るい街並み。

人も少ないぞー。

ちょっと時間つぶしに「星の駅」直結の「摩耶ビューテラス702」に入ってみました。

ちょうどカウンター席が空いていたので、ほっとカフェタイム。

神戸の街と海を眺めながら過ごせるなんて最高です!

食事を楽しんでるお客さんが多かったようです。

お客さんも入れ代わり立ち代わり~。

”待ちの列”ができることなく安心して過ごせました。

一息ついたあと、外に出るといつの間にか、人で埋め尽くされていました( ̄▽ ̄;)

若者のグループ、恋人たちが大半ですかね。

もちろんケイちゃんのような年代の人もいました。

”手で星を掬(すく)う”が名前の由来の掬星台。

湾曲する海岸線と神戸市内の街や埠頭の灯りが融合✨

本当にキラキラと星屑のように輝いてる✨

1000万ドルの夜景はあった!

それにしても、若い方々は、感動した時の声が大きい。

まだまだ純粋なんでしょうねぇ。。。

声が、めっちゃ大きく騒いでいますが、順番に譲り合いながら夜景をみている若者たちをみて、まだまだ捨てたもんじゃないと感じました。

譲り合いの精神がないのは老人か(~_~;)

ケイちゃんも老人の部類に入る気がしますが、老害と言われないように気をつけます。

こうして、岡山⇒舞子⇒神戸へと”行きたいとこリスト攻略旅”は終了。

capydayo.hatenablog.com

capydayo.hatenablog.com

実はカピバラ遠征”もくっつけてたので、岡山だけでも岡山後楽園以外に更に3ヶ所。

淡路島や大阪にも移動しました。

とにかく動いて動いて、暑くて死にそうだったけど、やり切った感を感じた旅となりました。

人より先に夏休みを取って3泊4日を満喫💛

お盆の間は、働きまーーす!

最後までお読みいただきありがとうございました。

このブログはランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いします。

↓ ↓ ↓ ↓

ブログランキング・にほんブログ村へ