ほっこり、まったり、ふんわりな日々

食べるの大好き!寝るのが大好き!筋トレ大好き!旅が大好き!やりたいことは全部やる、職業「事務員 兼 母」のつぶやきです。

理性VS感情 繰り下げ受給について考える

自由な旅人ケイちゃんです。

娘と母親の立場が逆転し、早数年が経ちました。

『平成』『令和』の文明の利器を使いこなし時代の流れに逆らわないで試行錯誤を繰り返す。

どうにか、こうにか、ギリギリついていく『昭和』のケイちゃん。

でも、やっぱり困った時には『平成』生まれの娘に何でも聞く。

「頼りになるのは、昭和のおっさんより平成の娘よね!」が、友人との合言葉(笑)

覚えられなくて、娘に何度も聞くから、しまいには怒られる。

「だって覚えられんのんじゃモン!」

「メモ取れって言ったじゃろ?」

(このセリフ、職場で若い子にケイちゃんも言っている。もっと優しい言い方ですけど。)

現状、メモは取っていますが、自分が何を書いているのかが分からん(~_~;)

老いては子に従え

痛感しております。

でもね。

年金の話だけは従えない。

ケイちゃんは、65歳になったら年金をもらう予定です。いつ死ぬか分からんのんで、もらうモンは貰います。

生きている間に使います。

しかし、

平成デジタル娘「繰り下げした方が得だから繰り下げすれば?」

ここで、年金の繰り下げ受給とは

65歳からもらう年金を1年以上繰り下げて受給することで1ヶ月あたりの受給額を増やす制度。65歳から受け取る年金額と比べると1ヶ月ごとに0.7%増額。受け取る時期を遅くすればするほど、増額される仕組みになっています。

これって『働けるうちは働け』ってことですよね。

しかーーっし!

「長生きすりゃお得だけど、明日死ぬかもしれんが。」がケイちゃんの言い分。

合理的に物事を考える娘は、

「働かんでもえーから、ほとんど金利の付かない貯蓄を崩せばいいが。」

「年金を繰り下げたらもらう金額が✕△円も違うんよ。」

「貯蓄の10万と年金の10万どっち使っても同じ10万なんじゃけ先に利益を生まない貯蓄を崩せばイイ。」(現状は、月10万ももらえませんが。。。)

感情むき出しの母、

「生きとるうちに自分の年金欲しいモン。」

「年金の10万と貯蓄の10万じゃ、使う時の気分が違うわ。」

「歩けるうちに年金使って遊ぶわ。」

話はいつまで経っても平行線。

平成デジタル娘、

「私が言うとることは、理解できるよね。」

はいはい。

わかっちゃいるけど、これは感情の問題。

理性論 VS 感情論

のバトルは続く。

最後までお読みいただきありがとうございました。

このブログはランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いします。

↓ ↓ ↓ ↓

ブログランキング・にほんブログ村へ