ほっこり、まったり、ふんわりな日々

食べるの大好き!寝るのが大好き!筋トレ大好き!旅が大好き!やりたいことは全部やる、職業「事務員 兼 母」のつぶやきです。

闇のディズニーで家族円満?

自由な旅人ケイちゃんです。

ケイちゃんちは 「親子ルームシェア

capydayo.hatenablog.com

ルールは一つ✨

自分のことは自分でやる!

途中からルームシェアに参戦した『夢みる関白宣言』も、この1年3ヶ月で自分のことができるようになってきています。

(まだまだ成長期の旦那様です!)

『夢みる関白宣言』は、今や死語となりつつある元・企業戦士。

時代錯誤も甚だしい昭和一桁の昭和脳。

(脳は一桁ですが、実年齢は二桁です。)

元々、超絶な亭主関白(になりたかった)。

今は「毎日、厳しい憲兵さん(平成デジタル娘のこと)と魔女(ケイちゃんのこと)にイジメられて辛い人生じゃ。」と言いながらも、ずいぶん楽しそうに暮らしています。

先日のこと。

関白宣言「ディズニーの世界で癒されたい。」

ケイちゃん「そういう話なら、いつでもおつきあいするぞ!」

関白宣言「ゆりかごの椅子に座って夢の世界に案内してくれるアトラクション✨」

ケイちゃん「なんやそれ?」

関白宣言「憲兵と魔女の住まう世界でイジメられているけど綺麗な天使が舞い降りて癒してくれるんじゃぁ💛」

f:id:capydayo:20210619225223p:plain

ケイちゃん「そんなアトラクション流行らんわ。」

ケイちゃん「私やったらニュー・アトラクション『旦那様たたき』作るわ。日頃のうっぷんを晴らすべく、世の中の奥さんは思いっ切りたたくと思うで。」

(そんな母親の姿をみる子どもは可哀そうです。)

f:id:capydayo:20210619225105p:plain

関白宣言「ひどいこと言うなぁ。。。」

ケイちゃん「闇のディスニーのアトラクションもできとってな。」

【闇のディズニーとは】

そこは、家族サービスをする為、家族をディズニーに連れてきた旦那様たちの住まう世界。

家族サービスでディズニーに到着した旦那様

「今日は自由に好きなアトラクションを楽しんでおいで!荷物は俺が預かっとくで。」

奥さんと子どもを送り出し、旦那様が向かう場所は闇のアトラクション。

入口には荷物を入れる大きなコインロッカー。

コインロッカーに荷物を入れ、アトラクションに向かう旦那様たち。

心置きなく『奥様たたき』を楽しむ旦那様が集う場所。

一日中たたけばスッキリするじゃろ。

奥様は子どもと一日中ディズニーの世界を楽しむ✨

旦那様は、日頃のうっ憤をはらして家族円満✨

ケイちゃん「えーじゃろ?」

関白宣言「・・・・・・・」

我が家は円満(?)ですので『旦那様たたき』には行きません。

関白宣言も『奥様たたき』には行かないと思います。

基本は優しい人ですし、どんなに疲れても家族と一緒に歩きたいタイプです。

お互いに意見を出し合い、話し合う時間を持つ。

譲れるところは譲り合いながら生きていく。

そして、互いを労わりあう姿勢は長い人生を共に生きる夫婦にとって必要なことだと思っています。