ほっこり、まったり、ふんわりな日々

食べるの大好き!寝るのが大好き!筋トレ大好き!旅が大好き!やりたいことは全部やる、職業「事務員 兼 母」のつぶやきです。

マツエクのお姉さんの話がぶっ飛んでいるので、いつもびっくりしています。

自由な旅人ケイちゃんです。

3週間に一回お世話になっている「まつ毛エクステ」通称 マツエク

ノーメイクで過ごしているのでまつ毛命です。

くるんとカールした長いまつ毛があるだけで、メイクしているかのように美人度アップする マツエク

(自己満足の世界。)

化粧品を購入しない分、とにかくまつ毛にはお金をかけています。

f:id:capydayo:20210806192807p:plain

今日は、マツエクの宣伝ではありません。

ケイちゃんが通っているマツエクのお店は40歳のA子(仮名)さんと20代の女の子が二人で経営しているお店。

このA子さんの話すことが、 ケイちゃんが生きている世界とは違う異次元の世界のようで、いつもびっくりしているというお話をしたいと思います。

考え方は人それぞれ。

非難や否定はしませんが、

「ふーーん・・・。」「へえーー!」

「ええっ?」

いい悪いは別として、世代の違う女性の考え方を日々このお店で学習しています。

先日、コロナワクチンのお話になりました。

ケイちゃんが、無事予約が取れたと話しますと、

A子「腹が立ったので、受けないことにしました。」

受ける、受けないは、本人の自由なので、他人であるケイちゃんはとやかく言いません。

その理由がとっても不思議だったんです。

A子さんがワクチンを受けない理由は、

・接種券がきたから、ネット予約しようとしたができなかった。

・電話をしたら、まだ40代は予約できないと言われた。

・予約開始日は、ホームページに載せるから確認して下さいと言われた。

A子「予約できないのに、接種券送ってくるな!って思いませんか?」

A子「接種券、無くしますよね。」

A子「ホームページなんか、みてる時間ありませんよ。」

という理由でした。

ケイちゃんに接種券が届いた時もまだ高齢者が優先で予約できませんでした。

しかし、お手紙が入っており、まだ予約はできないことと、開始日はホームページで確認と書いてありました。

A子さんに「手紙が入っていたよね、読んだ?」と聞きますと、

A子「入ってましたけど、そんなもんいちいち読んでる時間ありません😠」

うーーーん・・・。

スマホをみる時間はあるのに、ホームページをみる時間はないんだ。

読まなかったことが、そもそもの原因だと思いますし、そんなことで腹を立てていたら、腹がいくつあっても足りんわ~というのが正直な感想です。

まあ、火に油は注ぎたくない。

共感することが大切!

「うん、うん、そうだね。」と相槌だけにしておきました。

色んな商業施設の出入り口に設置してある消毒・検温のお話にもなりました。

A子「そもそも、熱があったら買物に出かけませんよ。意味ないですよね。」

A子「入口がメッチャ混んで待ってられない。スルーですよ。」

うーーーん。。。

消毒・検温をする、しないも本人の自由だと思います。

しかし、商業施設は、ガイドラインに沿って出入り口に設置しているのではないかと思いますので、ケイちゃんは、基本的な感染症対策として検温・消毒をして施設に入ります。

普通に電車通勤し、日常生活を送っているので『自分で自分の身を守る』『感染対策をして職場や家族に迷惑をかけない努力をする』ことを心掛けています。

(ほとんどの方はやっていると思いますが。)

そして最後は、コロナのお話。

A子「過去に味覚がなくなった時があって、ヤバいと思いました。」

A子「他に症状がなかったんで誰にも言わないで味覚が戻ったか確認する為、毎日キムチを食べて過ごしました。」

A子「キムチの味がわかった時、ホッとしましたよ~。」

えっ?

それこそヤバいでしょ!

ケイちゃんだったら家族と職場に報告し、すぐPCR検査を受けるでしょう。

ケイちゃんだけじゃなく、皆さんそうするでしょう。

若い方々が、皆さんA子さんのような方とは思いません。

感性の違い?

世代の違い?

やっぱり生きている世界が違うのかな?

いつも私生活のぶっ飛んだお話をされるのでびっくりです。

マツエクの技術力は素晴らしく、臨機応変に対応して下さるとってもいいお店です。

これからもA子さんのお話を聞き、異次元の世界観を学習していきたいと思います。