ほっこり、まったり、ふんわりな日々

食べるの大好き!寝るのが大好き!筋トレ大好き!旅が大好き!やりたいことは全部やる、職業「事務員 兼 母」のつぶやきです。

映画やテレビをみる時のマナーについて考えてみた

自由な旅人ケイちゃんです。

ケイちゃんちは「親子ルームシェア

capydayo.hatenablog.com

一つ屋根の下で、お互い干渉せず自由気ままに暮らしています。

4月からルームシェアに参戦した『夢みる関白宣言』は、ルームシェアのルールになじもうとして頑張っています。

ケイちゃん達は「北風と太陽」の太陽さんだから温かく見守っています。

しかし、事件はおきました。。。

映画やテレビをみている最中に話かけてくる人っていませんか?

それって正直、どうでしょうか?

「静かにして。」「聞こえんがな。」

「ムカつく。」「黙れ~。」と感じる方が多いのではないでしょうか?

ある日のこと。。。

”名探偵ピカチュウ”が地上波初放送され『平成デジタル娘』は真剣にみていました。

みている時に話しかける『夢みる関白宣言』

「小さい頃、〇〇(デジタル娘の名前)と一緒にみたなぁ。」

「△△(アナログ息子の名前)はピカチュウが好きじゃったな。」

「◎△♩×¥〇%&#?!・・・!」

はい、二人の心の中の叫び声が聞こえてキタァ~💦💦

「聞こえねぇ~😠」(心の声)

「うるせぇ~😠」(心の声)

「黙れぇ~😡」(心の声)

話しかけられるたびに『平成デジタル娘』は『平成アナログ息子』の方に顔を向ける。

微笑んだ表情とは裏腹に、心は実に恐ろしい形相になっています。

f:id:capydayo:20200524154458j:plain

早く空気よめ~💦💦💦(心の叫び)

結局、心の形相がみえる『平成アナログ息子』が一言、

「少し静かにしてほしい。」

話しかけるタイミングって大切ですね。(テレビだったらコマーシャル時とか)

次の日に、私にぼやく二人。。。

一応フォローを入れるケイちゃん。

「▽▽(夢みる関白宣言の名前)は、家族団欒が好き。みんなでワイワイとコミュニケーションを取りたかったんだと思うよ。」

『平成デジタル娘』

「それ、コミュニケーションになってない。聞こえないからイライラしただけ。映画は黙って静かに集中したい。」

ごもっともです。

皆がワイワイが楽しければよいが、相手が不快に感じているならその場の空気を読まないとね!

心は北風となった『デジタル娘』も、ぼやくことでギリギリ太陽を保った感じです。

家族は一生の付き合い、イライラしないよういつも心に太陽を😊