ほっこり、まったり、ふんわりな日々

食べるの大好き!寝るのが大好き!筋トレ大好き!旅が大好き!やりたいことは全部やる、職業「事務員 兼 母」のつぶやきです。

一気に高知観光ができるスポットみつけたよ~!

自由な旅人ケイちゃんです。

成田空港から高知に飛び、四万十町まで移動した『高知カピバラ遠征』

何したかって?

自然がいっぱいの中で、童心に帰るという貴重な体験を満喫。

そして、せっかく高知に一っ飛びしたんで、高知観光もざっくり楽しむことに。

SNSで調べると、まず目に留まったのが日本三大がっかり名所

何や?それ?

どうも、札幌時計台、高知・はりまや橋、長崎・オランダ坂のことらしい。

それならこの目で確かめようと、高知駅からはりまや橋に向かう。

土佐の路面電車を楽しむべし!

f:id:capydayo:20211225183559j:plain

レトロ感満載の路面電車が止まっていました。

f:id:capydayo:20211225183421j:plain楽しむべし!と言われても歩いて行ける距離なんで、散歩がてら歩きましたよ。

まず、駅前で目に飛び込んできたのは、デカい後ろ姿の像三体。

リョーマの休日?

f:id:capydayo:20211226142711j:plain高知と言えば日本の幕末の土佐藩坂本龍馬先生が有名。

正面からみると、武市半平田、坂本龍馬中岡慎太郎と、高知を代表する幕末の志士の像。

f:id:capydayo:20211225184003j:plainデカすぎスポット(笑)

龍馬先生ファンに怒られてしまいます。

ごめんなさいm(__)m

駅前の大通りを歩く、歩く。

道路脇にはアンパンマンバイキンマンの石像

f:id:capydayo:20211225184139j:plain高知は、アンパンマンの生みの親・やなせたかし先生の故郷。

高知駅前から真っすぐ道沿いに数々の石像が設置されています。

高知橋から眺める景色はヤシの木が植えられていて南国気分🌴

f:id:capydayo:20211225184340j:plain

駅から徒歩12分ほどでみえたはりまや橋

f:id:capydayo:20211225184457j:plain渡ってみます。

f:id:capydayo:20211225184529j:plain色んな角度から撮影してみました。

f:id:capydayo:20211225184602j:plain

なるほど~!

おもちゃのように小さい橋だから、がっかりなんかな?

でもね!

はりまや橋って、明治や大正時代使われていた橋などと合わせると合計4つあるそうです。

2つ目は、現在のはりまや橋の前に使用されていた旧橋。

これは、はりまや橋の地下公園に展示されていました。

f:id:capydayo:20211226145105j:plain地下公園には、はりまや橋の歴史なども展示されていましたが、少々暗いので、お昼に歩いた方が良さそうです。

実際、昼と夜、二日間入りましたが、二日ともひたすら座っているお方(男性)がいらっしゃいました。

別人だったとは思います。

残り2つは、すぐ近くにあったようです。

その時は残念ながら気づきませんでした。

その代わりといってはなんですが…。

ケイちゃんがみつけた残り2つの橋があります。

現在のはりまや橋の道向かいに、豪華な壁掛け時計がありました。

ちょうど4時。

f:id:capydayo:20211226150254j:plain

突然音楽が鳴り始め、高知城が現れました。

f:id:capydayo:20211226150344j:plain

この壁掛け時計は『からくり時計』なんですね~。

その後、下から、よさこいの踊り子人形。

左から、桂浜と龍馬先生。

右から、はりまや橋

f:id:capydayo:20211226151929j:plain音楽と共に、約8分間で一気に高知観光できる詰め込みスポット(^▽^)/

ここにもはりまや橋あるやん(笑)

そして、桂浜水族館でみつけた。。。

f:id:capydayo:20211226152535j:plainかつらや橋龍馬先生

うまいこというな~(笑)

たくさんの発見があって楽しい高知旅。

楽しい旅は夜も続きました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

このブログはランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いします。

↓ ↓ ↓ ↓

ブログランキング・にほんブログ村へ