ほっこり、まったり、ふんわりな日々

食べるの大好き!寝るのが大好き!筋トレ大好き!旅が大好き!やりたいことは全部やる、職業「事務員 兼 母」のつぶやきです。

年齢を重ねると医療費がかかります

当ブログでは、アフィリエイト広告を利用しています

自由な旅人ケイちゃんです。

花粉症の季節がやってきました。

コロナ禍の3年は、なぜか花粉症の症状がありませんでした。

少し若い頃、職場の先輩がおっしゃっていました。

「ある年齢を超えるとね、花粉症はおさまるのよ。男も寄ってこないけど花粉も寄ってこないの。」

なるほど!

納得!

しかし3年ぶりに、喉は痛いわ、鼻水垂れるわ、眼は痒いわ。

次の日、直ぐ病院に薬をもらいに行きましたよ~。

花粉の季節以外は、病院とは縁がない超・健康優良児のまま、ある年齢になりました。

ある年齢になる直前から、医療費かかってます。

眼の血管切れるわ(老化現象だそうです。)

骨粗しょう症になるわ(老化現象だそうです。)

発熱するわ(コロナ陽性でした。)

いつのまにか超・健康不良児。

こうやって老化という坂道を転がり落ちていく私(-_-;)

人生100年時代という言葉が話題にのぼるようになってきて、ふと世の中の人を眺めてみたら、昔の60歳と今の60歳では若さが違う気がする。

スポーツジムで一番元気よく踊ってるのは、70歳代の方ですもん。

しかし、見た目や気持ちは若くても、体は正直ってとこでしょうか。

踊りすぎて足首を痛めたり、膝を痛めたりなんて話はしょっちゅう。うるおい足りない?

病院に行く度、医療費がかかります。

でも、ありがたいことに、日本にはきちんとした医療保険制度があるから誰でも継続して病院に行くことができる。

【日本の国民皆保険制度の特徴】

①国民全員を公的医療保険で保障。

医療機関を自由に選べる。(フリーアクセス)

③安い医療費で高度な医療。

社会保険方式を基本としつつ、皆保険維持するため、公費を投入。

厚生労働省のHPより引用しました。

若い頃は、自己負担1割だったかな。

徐々に上がって、現在自己負担額3割。

それでも10割払うことを思えばありがたい話。

同級生の中には、高血圧や脂質異常症の薬を継続して飲んでいる人も多い。

ほんま医療費かかります。

人生100年時代に向けて、健康な体を維持する努力はほんまに必要やから。

とりあえず、

●頑張り過ぎないこまめな運動を継続

●栄養のバランスを考えた食生活

●規則正しい睡眠時間を確保

そしてやっぱり、

●ストレスをためない

●趣味を楽しむ

老化という坂道を転がり始めたけど、下降線を少しでもなだらかにしていきたいねぇ。

最後までお読みいただきありがとうございました。

このブログはランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いします。

↓ ↓ ↓ ↓

ブログランキング・にほんブログ村へ