ほっこり、まったり、ふんわりな日々

食べるの大好き!寝るのが大好き!筋トレ大好き!旅が大好き!やりたいことは全部やる、職業「事務員 兼 母」のつぶやきです。

レトロな待合室で妄想が広がる「オババ・バックス?」

自由な旅人ケイちゃんです。

10月第一週目の日曜日、行田市『花手水week』を楽しみました。

capydayo.hatenablog.com

JR高崎線「熊谷駅」下車から秩父鉄道に乗り換える。

そうそう!

秩父鉄道は、SLパレオエクスプレスが走っていて乗ったことあるんだな!

f:id:capydayo:20211008123117j:plain半分切れてるけど、右横のローカル戦士が気になる(笑)

電車の中から反対車線のラッピング電車もみえる。

f:id:capydayo:20211008132827j:plain

のどかな街並みを眺めながら、約9分で「行田市駅」に到着。

f:id:capydayo:20211008133017j:plain「ぎょうたし」ではなく「ぎょうだし」と読むことをここで確認。

ホームに着いた瞬間、目の前に飛び込んできた待合室。

f:id:capydayo:20211007152206j:plain

なんだか小学校の教室の窓を想い出す。

f:id:capydayo:20211007152222j:plain

誰もいない待合室に一人で座ってみました。

f:id:capydayo:20211007152150j:plain正直なところ固くてお尻が痛かった。。。

小さな路線で、東京のようにひっきりなしには電車はこない。

寒い冬はこの木造待合室で寒さをしのぐんだなぁ。

あー、ここで温かくて美味しい珈琲が飲めたら幸せだよな💛

そんなことを考えながら過ごした後、行田市内を歩きました。

レトロな地方銀行もええ感じ😊

f:id:capydayo:20211007152236j:plain帰りも「行田市駅」のホームで電車を待つ。

街の中には「スタバ」や「ドトール」のような大衆向けカフェはなかったように感じました。

この木造待合室をお洒落カフェにしたらえーーんでない?

きっと利益は見込まれる(と目論む。)

ケイちゃんが売り子さんになるなら「オババ・バックス」じゃな。

通称「オババ」

お婆が入れた温かーーい本格的珈琲をレトロな待合室で提供したい。

夏は冷たいアイスコーヒーでお・も・て・な・し

電車を待つ人に幸せを運ぶ「オババ・バックス」

夜はアルコールも少々。。。

おばばBar「オバババージャ」

妄想がどんどん広がっていく時間もワクワクする😊

美しい『花手水』 を楽しめた花が彩る街「行田市

夜のライトアップも、ぜひ行ってみたい!

行田『花手水week』 | 埼玉県行田市観光ガイド - 行田市観光NAVI